FC2ブログ

ひとりごと

calendar
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

+ archive
 
category
new
link
administration
ブロとも申請フォーム

いろんなこと...

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

博士の愛した数式

Sun.14.05.2006
2 comments
●博士の愛した数式


あー久々に映画館で泣きました。

結構映画みるときは 全神経集中して没頭するタイプだけど
いつも泣きそうになるとすっと現実に戻って
恥ずかしいからって涙こらえるんだよね。

自宅で1人で見ている時は
なんでもない映画でもすんなり泣けるんだけども。



映画を見終わって某投稿映画レビューサイトを見た所
評価が低めなのにビックリ。
ふつーに感動している人いっぱいいるんだろうという気でいたノニ。



あの緩やかで静かで心地よい空気
最高ですよ。
ショッキングな展開や
手の込んだカメラワークや演出がなくても
いいもんはいいんすよ。
簡素で普通だから
逆にいい。


湖の湖畔?を前に手をつないでいる3人 eπi
湖にむかって投げられる小石 +1
そして静かに広がる波紋 0
とか ここまで狙ってないかもしんないけど
なんとなくそうみえた。
まぁ
ああいう場面を
こういう説明とかしちゃうと
一気に興ざめなんだけどねっ



先生になったルートが教室で講義するシーンは
生徒とのかけあいにちょっと不自然さを感じたりもしたが
最後のシーン。
ありがとうございましたと教室をさる子供達の中に
一人椅子から立ち上がらない男の子
そして続く海辺のラストシーン。
王道っちゃぁ王道の泣かせ節だが
そういうのに弱いんデスヨ。




最近どうも世間の平均的評価と
自分の好みが一致してくれない。
結構ミーハーなはずなんだけどなー自分。



しかし
浅丘ルリ子えらいきれーだったなぁ・・

スポンサーサイト

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

« アントニカでピクニック | home | ごちゃまぜ雑記続き »

comment
映画ご覧になったんですね。
私は活字のほうだけ読みましたが、
映画のほうも見てみようかなぁ。

フェルマーやオイラーに思いを馳せる家政婦
…ってどうなのよ。とは思いつつも
博士と3人の穏やかな関係を
何度も何度も一から築いてゆく様は、
じんわり心が温まります。

前行性健忘症を設定に取り入れた
作品としては、「Memento」も有名ですね。
ただ、「博士の~」と違って、
こちらは構成上、見てると疲れます。
面白いんですけどね(笑)
私は活字の方は読んだことはないのですよ。
そちらを読んでる方からみると 少し雰囲気が違って
物足りなさを感じてしまうらしいのですが
幸いなんの予備知識もなくみたので
えらい感動しちゃったのです。


Mementoも面白いですねぇ~。
確かに とっても疲れますが(笑)
DVDを借りてきて時系列別の編集の2種類
ぶっつづけてみたときはホントにどっと疲れガ(;´ρ`)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。