FC2ブログ

ひとりごと

calendar
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

+ archive
 
category
new
link
administration
ブロとも申請フォーム

いろんなこと...

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある子供

Thu.19.01.2006
2 comments
●ある子供


カンヌで賞とったり井筒監督が絶賛してみたりと
なにかと評価の高め(?)な映画なので
気になってみにいってみた。


確かに
大人になりきれない子供が
すごくいい感じに描かれていたし
題材の重さも
BGMの無い 静かで重い空気の雰囲気ですごく伝わってきて
効果音が本当に効果的に感じられた。


う~ん
でも
なんかこー
いまいちすっきりこない
映画を観終わった後にくる不快感が拭いきれず
どうもこー
ぶっちゃけ。
好きになれなかった。



だってさ
また繰り返すでしょ あの男。
女の子も やっぱり可愛そうだからって・・。
わかるんだけどもさ。そういっちゃう気持ち。
苦労するって わかってるのに
捨てきれなくて 会いに行っちゃう。


なんだか胸が苦しくなるとです。
こんなのって。

こんなのってさー。

(´・ω・`)






-------------



映画の評価ってなんなんだろー。
好き嫌いで選ぶモンじゃないかもしんないけどさ。
でも 専門家でも批評家でもないし
客として 好きか嫌いかなんだし。

重苦しい題材のものが評価されがちではあるが
個人的には
観ていて素敵な気持ちになれるものが
自分にとってはいい映画。

重い題材でも
素敵な気持ちになれる映画は沢山あるのに。

重い題材で
嫌な気分にさせられるのは
果たしてそれっていい映画?



答えの無い謎にハマってしまうのでした。

スポンサーサイト

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

« ディズニーシー クラブナイト"ベイサイド・ビート" | home | Mr.&Mrs.スミス »

comment
結局周りの好評価を聞こうが
お金を払って(タダの場合もあるけど)
自分の意思で観るんだから

自分の言葉で考えていいのよね
ヽ( ゚ 3゚)ノ

好きな映画は
バックトゥザフューチャーとかでも
全然構わないんですよ

俺は認めないけど
ヽ( ゚ 3゚)ノ

ある子供は
前も書いたけど
俺も好きにはなれないかなー

同じ払う1800円なら
博士の愛した数式を推します
博士の愛した数式はみておきたいであります
(=゜ω゜)ノ

でも泣きそうな予感がするので
一人でこっそりと行かないとハズカシイであります
(=゜ω゜)ノ
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ある子供/亀裂の効果
 日本の若者にも通じる、大人になりきれない”子供”を、ドキュメンタリータッチで描いた力作。カメラアングルと移動撮影、音声、小道具などを効果的に用いて、深読みのできる作品に仕上げてある。スリリングな先の読めない展開もすばらしい。ある子供(ネタバレ注意!)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。